Scratchのブロック定義の使い方をマスターしよう!実際のプログラムを公開

スクラッチ

本記事ではブロック定義の使い方を紹介していきます。

ブロック定義の使い方

ブロック定義を利用することで、よく使う処理をいつでも使える状態にすることができます。

ブロック定義を行うことによってプログラムを簡素化、修正をしやすくメリットがあります。

例えば次の処理には3か所の場所で同じ処理が行われています。

ブロック定義を使用すると以下のようになります。

この規模のプログラムの場合、あまり恩恵を感じないと思いますが大規模なプロブラムになるとブロック定義の考え方は非常に重要になってきます。

ブロック定義の作り方

ブロック定義の使い方について解説していきます。

『ブロックを作る』をクリックしてください。

ブロックの名前を設定します。

引数というのがありますが、まずは何も追加せずにOKをクリック。

そうするとこのようなものが作成されます。

作成されたブロックの下に何度も使いたい処理を作っていきます。

処理を実行したいときは、ブロックエリアに作成されたブロックをドラック&ドロップしてください。

実行してみると実際にブロック定義した処理が実行されているのがわかります。

引数ありのブロック定義

先ほど割愛した引数について説明してきます。

引数とは、処理に対して値を渡すことです。

例を挙げて説明します。

先ほどのこの処理、セリフは何度もプログラムの中で使いたいけど『こんにちは』以外もセリフを変えたい。という場面があると思います。

そこで便利なのが引数です。

先ほど作った引数を編集し、引数(数値またはテキスト)を追加していきます。

そうするとセリフという引数が追加されるので、ドラック&ドロップしてください。

処理の呼び出し元にて、セリフを指定することができます。

こんな感じでブロック定義はすごく便利です。

さいごに

スクラッチは、“ プログラミング”と聞いて「難しそう……」と躊躇してしまっていた方にこそ、体験してほしいプログラミング言語です。

スクラッチを使ったプログラミングに興味を持っているお子さまのために、オンラインレッスンを提供しています。レッスンはビデオチャットを利用し、お子さま一人ひとりのレベルに合わせて丁寧に指導いたします。

レッスンの特徴:

  • 対象:小学生(特にスクラッチ初心者~中級者)
  • 内容:スクラッチの基本操作からゲーム作成まで幅広くカバー
  • 時間:土・日曜日のご都合の良い時間に調整
  • 形式:オンライン(ココナラ内のビデオチャット)

お子さまが楽しみながら学べる環境を提供しています。興味がある方はぜひ以下のリンクから詳細をご覧ください。

Scratch(スクラッチ)プログラミング教えます 現役システムエンジニアが丁寧に教えます★教材プレゼント★ | プログラミングレッスン | ココナラ
小学校では2020年度から、中学校では2021年度からプログラミング教育が必修化されました。これからの時代はプログラミングスキル、プログラミング的思考が必要にな...

お子さまの創造力とプログラミングスキルを一緒に育んでいきましょう!お申し込みをお待ちしています。

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました