【備忘録】エラー解決(unsupportedclassversionerror)【Eclipse】

エラー プログラミング

(この記事は2022年2月27日が最終更新日です。)

この記事の作成はMasaが行っています。
本業ではVRエンジニアとして働きつつ副業でWebエンジニア・デザインを行っています。

今回、「unsupportedclassversionerror」というエラーが発生したので解決方法を備忘録として記事にしています。参考になれば幸いです。

 

今回の事象

EclipseにてTomcatを起動しようとしたところ以下のようにあエラーが発生しました。

unsupportedclassversionerror

エラー発生

 

原因はTomcat,java,JREのいずれかのバージョンの不一致です。

私が使用していたのがTomcat,java共にバージョン8だったのにJREだけバージョン6となってことが原因でした。

 

解決方法

対応としては以下の手順で解決することができました。

[ウィンドウ]→[設定]を選択します。

 

tomcatのJVM設定を選択します。

JREのバージョンが6となっています。

ここを再設定します。

tomcatと同じバージョン8を選択します。

適用ボタンを押下し、OKボタンを押下して設定完了です。

Tomcatを起動してみて正常に起動することを確認します。

 

本記事の内容は以上です。お疲れ様でした。
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

書籍を購入して勉強するのもいいですが専門書は高いし、質問もできません。私はいつも世界最大級のオンライン学習サイトUdemyで学習を行っています。Udemyでは具体的な方法を教えてくれるし質問も可能なのでとても学習しやすいと感じています。セールも定期的に実施されています。私は90%オフもの講義もたくさんあるので私はセールを狙って購入しています。
「Udemy」公式サイト:https://www.udemy.com/

 

IT業界での転職を考えている人はIT求人ナビをご利用ください。
より良い環境への転職を考えている人はA8.netへの転職を考えてみては。
更に上のエンジニアを目指すならテックアカデミーがおすすめ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました