【Excel TRIM関数】同じ値に見えるのに一致しない…【システムエンジニア備忘録】

SE

【エクセル TRIM関数】

同じ値に見えるのに一致しない…

 

システムエンジニアをやっているとよくこんなことを言われます。

お客様からもらったデータチェックしといて!!

他の仕事でもExcelを使用してのデータチェックってたくさんあると思います。

 

本記事ではデータチェックの時に使える関数『TRIM関数』について説明します。

 

スポンサーリンク

事象

データチェックしていてお客様からもらったデータと手元にあるデータをチェックしていたわけです。

=A1=B1

上記のような関数で TURE or FALSE でデータをチェックしていました。

 

下図のような事象が起きたわけです。

一致チェックで使用している関数は『=◯=◯』です

 

なぜ一致していないのか?

原因は、末尾のスペースでした。

お客さんに言いたい、なぜ空白を入れた???

 

一致しないな〜と考えてて20分は時間を無駄にしましたよ。

 

無駄なスペースがあるときに使用した関数こちら

TRIM関数の使い方

TRIM関数は余計な空白文字を削除してくれる関数です。

TRIM(文字列)

 

今回、実際に使用したのはこんな感じ

 

TRIM関数を下の方には入れています。

そうすることで一致チェックの結果はしっかりTRUEになっていますね。安心しました。

 

今回の教訓

今回の教訓は、データの値は同じに見えるのに一致していない時はスペースが悪さをしている!!

スペースが悪さをするのはExcelに限った話ではなくてプログラミングでも”半角スペース”と”全角スペース”が違うとか色々とあるわけです。

スペースには注意しましょう。

 

関連記事

【就活生必見】システムエンジニアの業務内容とは?
「システムエンジニアってどんな仕事をしてるの?」 「将来SEになりたいから準備をしておきたい。」 このような悩みをもつ就活生は多いのではないでしょうか? この記事を読むことで一発解決です!! 本記事ではSEのリアルな業務内容について紹介していきます。
【作業効率化】システムエンジニアがよく使うショートカットキー(Windows編)
仕事を早く終わらせたい... 『仕事を早く終わらせたい...』と思っている方の悩みを本記事で解決いたします。 どの仕事でもPC作業はありますよね。 少しでも作業を早く終わらせ...
【作業効率化】システムエンジニアがよく使うExcelショートカットキー
システムエンジニはプログラミングよりExcelを使用する業務の方が実は多いです。 Excelのショートカットキーを覚えておくことで、業務が効率的に進められて早く仕事を終えることができます。 本記事では、現役システムエンジニアである私が実際によく使うショートカットキーを紹介します。

 

応用編

データのチェック関連でいうと、ExcelとExcelを比較したい時ってありますよね。

そう!差分チェックです。

古いデータと新しいデータを比較してどこが変わったのかをチェックするやつです。

目でみていたら永遠に終わりません。

そんな時は『WinMerge』を使いましょう。

使い方は下記リンクを参考にしてください。

【WinMerge】を使ってEXCELやテキストファイルの差分を比較する|アズビーパートナーズ
テキストファイルやEXCELファイルの差分を簡単に比較できる無料ツール【WinMerge】をご紹介します。新旧のバージョン比較などに活用できます。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました