スクラッチで線を引く方法。拡張機能の『ペン』を使ってみよう

スクラッチ

本記事はScratchの拡張機能、ペンを使ってお絵描きアプリを作る方法を紹介していきます。

本記事では拡張機能の「ペン」を使用して、スクラッチで線を引くプログラムをたくさん紹介していきます。この機能を使用していろいろな作品を作ってみてください。

小学校では2020年度よりプログラミング教育が始まりますが、算数の授業の中で図形を描くプログラムを作る事になります。本記事でも授業内容について解説を行っていきます。

拡張機能『ペン』を追加しよう

拡張機能を選ぶの中から『ペン』を選択してください。

使うブロック

拡張機能『ペン』には下記のブロックが用意されています。

描写されているペン、スタンプを削除します
スプライトをそのまま描写します
線が書ける状態にします
線を書けない状態にします
ペンの色を指定した色に変更します
ペンの色設定を指定した数値ずつ変更させます
ペンの色設定を指定した数値に変更します
ペンの太さを指定した数値ずつ変更します
ペンの太さを指定した数値に変更します

表の中でも特に使用するものにアンダーラインしておきます。

それではプログラミングの例を見ていきましょう。

共通するポイントを紹介しておきます。

実際に描写したいポイントでペンを下し、移動させることで線を書くことができるようになります。

そして、描写が終わったらペンを上げるという処理の流れが必要です。

一本線を引くプログラム

一本線の場合は複雑はプログラムは必要ないため、前述した『ペンを下ろす』→『移動』→『ペンを上げる』だけでOKです。※ペンを上げる処理はなくても問題ありません。

図形を描くプログラム

ペンの機能を使用して図形を描いていきましょう。これは小学校の算数の授業で出てくる内容です。

それぞれの図形を描くプログラムを紹介していきたいと思います。

三角形を描く

四角形を描く

五角形を描く

六角形を描く

お絵描きアプリのプログラム

鉛筆の機能

まずは鉛筆の機能を作っていきます。

※『作る』モードだとうまくいっていないように見えますが、プロジェクトページでみるとうまくいっていると思うので、試してみてください。

消しゴム機能

ボタンを用意して、「全部消す」のブロックを実行できるようにしてください。

パラメーター機能を付ける

色と太さの変化

「色」の値を持つ変数を用意して以下のようにプログラムしてください。

「太さ」の値を持つ変数を用意して以下のようにプログラムしてください。

プログラムからは変数の値を変更する処理は加えていません。

変数を表示した状態で、「スライダー」に変更しプレイ中に変数をプレイヤーが変更できるようにしておいてください。

以上で完成です。

さいごに

スクラッチは、“ プログラミング”と聞いて「難しそう……」と躊躇してしまっていた方にこそ、体験してほしいプログラミング言語です。

スクラッチを使ったプログラミングに興味を持っているお子さまのために、オンラインレッスンを提供しています。レッスンはビデオチャットを利用し、お子さま一人ひとりのレベルに合わせて丁寧に指導いたします。

レッスンの特徴:

  • 対象:小学生(特にスクラッチ初心者~中級者)
  • 内容:スクラッチの基本操作からゲーム作成まで幅広くカバー
  • 時間:土・日曜日のご都合の良い時間に調整
  • 形式:オンライン(ココナラ内のビデオチャット)

お子さまが楽しみながら学べる環境を提供しています。興味がある方はぜひ以下のリンクから詳細をご覧ください。

Scratch(スクラッチ)プログラミング教えます 現役システムエンジニアが丁寧に教えます★教材プレゼント★ | プログラミングレッスン | ココナラ
小学校では2020年度から、中学校では2021年度からプログラミング教育が必修化されました。これからの時代はプログラミングスキル、プログラミング的思考が必要にな...

お子さまの創造力とプログラミングスキルを一緒に育んでいきましょう!お申し込みをお待ちしています。

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました