【成長のマインドセット】成長したいと強く願う人へ。【要約】

book

成長したい。。。

仕事・人間関係で悩みがある

本記事ではこのような悩みを解決します。

まっちゃん
まっちゃん

読んでみての感想と要約を紹介します。

この本を読み終わって…

私ってめちゃくちゃブレーキを踏みまくってるやん!っと。。。

ショックを受けました。

今回、私が読んだ本はこちら


本書はこのような方におすすめです。

  • 毎日同じ作業ばかりで成長を感じられない人
  • 成長したい人
  • 仕事や人間関係、モチベーションで悩んでいる人

本記事では以下の内容が理解できます。

  • 本書の内容
  • 成長とは何か?
  • 成長を妨げている要因
  • 成長を加速させるもの
  • 私の学びとこれからの行動

 

本書はamazon Kindle Unlimited で読むことができます。

 

\ランチ1回分で人生の先生と出会おう!!/

Kindale Unlimited

 

スポンサーリンク

本書の内容

本書は以下の内容から構成されています。

  • 第1章:成長とは何か?
  • 第2章:成長を阻害する1つ目のブレーキ
  • 第3章:成長を阻害する2つ目のブレーキ
  • 第4章:成長を促進する1つ目のアクセル
  • 第5章:成長を促進する2つ目のアクセル

 

本書の内容は成長の邪魔になる出来事となる悩みの扱いを学び、成長するために必要な考え方を学ぶためのものとなっています。

主人公のサラリーマンの山田さんとカフェのマスターとの対話形式でストーリー仕立てで書かれているのでとても読みやすいです。

 

成長とは何か?

成長とは何か?

皆さんそれぞれ成長という言葉の定義は違ってくるかと思いますが、この本では下図のアイスバークが大きくなることを成長と定義しています。

 

私は、「〇〇ができるようになる」ということを成長ととらえていましたが、それはたんなる結果にすぎず、結果を出すには意識や行動から変えていかないといけない。

そのために成長のアイスバーグを大きくする必要があるとのことです。

 

まっちゃん
まっちゃん

アイスバーグ=氷山の一角

いい例えですね。

人から見える結果には見えない努力や思考があって初めて成り立つんですね。

成長を妨げている要因

成長を妨げている要因は2つ!

  • 悩みブレーキ
  • 大きな子供ブレーキ

 

 

悩みブレーキ

悩みブレーキはその名の通り、普段私たちが抱えている悩みが成長を妨げているということです。少しでも悩みを晴らすにはどのようにしたら良いのでしょうか?

本書では以下の5つが方法として挙げられています。

  • ブレーキの存在を知る
  • ブレーキを踏まない覚悟を持つ
  • 他責にしない100%
  • 結果は選択できないが行動は選択できる
  • 関心の輪、影響の輪

 

すべては紹介できないので、1つだけ紹介します。

「結果は選択できないが行動は選択できる」です。

これは他責にしない100%や関心の輪、影響の輪にかかわるのですが、私はよく「将来どうなるんだろう?」「給料上がらない」など将来の結果について悩んでいることが多いです。それは今の私の行動の結果ということを理解して、今の行動に対してフォーカスする。結果については楽観的にとらえ、もしよくない結果になってもそれまでの行動がベストを尽くせていればそこまで後悔はしないはずという風にとらえるようにしていこうと思います。

そして、他人や環境のせいにして行動を起こさないのもいつまでも悩みを抱える原因になります。

 

大きな子供ブレーキ

私たちの中には以下のような子供じみた思考があることを理解しなければなりません。

  • 自己中心的
  • 他者を理解しない
  • 好ましくないプライド
  • トラウマ
  • 正しい軸がない

 

誰しも自己中心的だったり他人を理解しようとしなかったりと自分ではなかなか気付くことのできない子供っぽい部分があります。

電車の中でも周りの人に迷惑をかけているような子供っぽい大人はよく見かけますよね。

 

成長を加速させるもの

成長には成長を加速させる2つの要因があります。

  • 自己理念・自分軸アクセル
  • 正しく強い動機アクセル

 

自己理念・自分軸アクセル

自己理念・自分軸アクセルは「どんな風な人間になりたい」というような理想像を持つということです。

理想がないと何のために頑張っているのかわからなくなってモチベーションが保てません。

 

正しく強い動機アクセル

成長するためには理想に伴った動機がそれぞれ人にはあります。

本書では以下の5つのパターンが紹介されていました。

  • 物質的成長重視型
  • 自己実現重視型
  • 親分型
  • 社会貢献型
  • ステークホルダー共生型

 

まっちゃん
まっちゃん

私は、物質的成長重視型でした。

お金などの物欲などが強いんですね。。。

 

自分がどこにモチベーションが向けることができるのか理解することは成長を促進するためには必要なことです。どのタイプだったから成長が早いというわけではなくて自分に合った成長のモチベーションを知ることが重要です。

 

それぞれのタイプの説明をしてほしいと思うかもですが、それは本書を読んで本質を理解しましょう。

 

私の学びとこれからの行動

私も転職や結婚についての悩みが絶えない日々でした。どちらの悩みにも共通しているのはお金です。転職しましたが、いまだにお金の悩みはつきません。そんなときにこの本を読んで気持ちがすっきりしました。

「関心の輪、影響の輪」の話を読んで、給料は役職などがもらえないと増えることはないので今は考えるだけストレスになるだけです。今できることにフォーカスすること。

 

本書で学んだ本質的な部分をこれからどんどん成長できるように行動していきたいと思います。

 

Kindle unlimited でも読めるので本書以外にもたくさん本を読みたい方は下のリンクから申込できます。

→→kindle unlimitedの申込はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました