仕事ができるようになるために必要なことは?【答えは差別化にあり】

仕事ができる人 book

仕事ができるようになりたい。

同期と差別化をはかり出世したい。

本記事ではそのような悩みを解決します。

 

本記事を読むことで以下の内容が分かります。

  • 仕事ができる人の特徴
  • 仕事ができる人とできない人の比較
  • 仕事ができる人になるために何をすればいいか?

 

本記事は以下の書籍を参考にしています。

 

スポンサーリンク

仕事ができる人の特徴

一般的に仕事ができる人とはどう言う人なのでしょうか?

一般的に仕事ができる人の特徴を調べてみました。

  • 優先順位を決める
  • 仕事に対する姿勢を正す
  • 決断力を高める
  • 考える習慣を身につける
  • 無理をせずしっかりと休む
  • 目標を持つ

確かにすべて必要な要素だと思います。しかし、具体的ではないので分かりづらいとも思います。

この要素の重要性を分かりやすく説明している本を紹介します。

企業の研修にも使われる良書です。

『 チーズはどこへ消えた? 』が気になる方は以下の記事を読んでみてください。

【人生は変化する】「チーズはどこへ消えた?」から学んだこと
人生は変化します。周りの環境の変化に対応できない人間は取り残され辛い思いをする。幸せになるためにはどうすればいいのか?その答えを見つけましょう。 本記事では私がこの本から学んだことをまとめています。

 

仕事ができる人とできない人の特徴

仕事ができる人とできない人の違いって何なのでしょうか?

具体的にリストアップしてみたので参考にしてください。

仕事ができる人とできない人の特徴
仕事ができる人 仕事ができない人
目的のために手段を選ばない 固定観念に縛られる
やりたいタスクにチャレンジ やるべきタスクにおわれる
失敗を教訓にかえる 失敗したら落ち込む
長期スパンで物事をとらえる 目の前のことで右往左往する
チャンスに敏感 利益に瓶かい
自分のせいと考える 環境のせいと考える
自分の仕事をする 他人の仕事をする
目的を重視する 手段を重視する
集中力で勝負する 持久力で勝負する
利益を生む仕事を優先する ルーティンワークを優先する
先読みで行動する 何となく行動する
相手の時間を尊重する 相手の時間を浪費する
大事なことは最初にやる 大事なことを先延ばしにする
一石二鳥を実現する ひとつずつコツコツとやっていく
相手本位で考える 自分本位で考える
嫌いな上司を使いこなす 好き嫌い重視で敬遠する
高め合う関係を求める もたれ合う関係を求める
毎日同じ時間に起床する 休日に寝溜めする
少なく食べて頭を働かせる お腹いっぱい食べて眠たくなる
時間を生むものを買う 時間を消費するものを買う
引き算と掛け算で考える 足し算と割り算で考える

リストアップしたことをみてみると何となく共通項が見えてきませんか?

共通項は以下のことだと思います。

  • 相手本位か自分本位か?
  • 時間を大切にしているか?

 

この2つを同じくらい大切に考えるべきです。

相手本位か自分本位か?

どちらが仕事ができるかは言うまでもなく『相手本位』で物事を考えることができる人です。

そもそも仕事は相手の役に立って初めて報酬がもらえます。

相手のニーズに100%応え、さらに付加価値をつける人材が優秀な人材と言えます。

時間を大切にしているか?

時間は誰にでも平等に与えられている資源です。

しかし、使い方次第で人生が変わってきます。

  • 目的のために手段を選ばない
  • 集中力で勝負する
  • 先読みで行動する
  • 引き算と掛け算で考える
  • やりたいタスクにチャレンジ

すべて効率を高め時間を有効活用するために行うことです。

空いた時間で自己投資し、将来的にさらに効率化するといった流れです。

 

仕事ができるようになるためには何をすればいいか?

仕事ができる人の共通項としてあげた『相手本位』と『時間を大切にする』を身につけるにはどうすればいいのでしょうか?

答えは『読書を通して差別化する』

読書にはすごい力があります。先人たちが経験したことを学べるのです。

事実、ビル・ゲイツなどの成功者は読書を大切にしています。

 

読書をする人は多いですが、読書で学んだことが身になっている人は少ないです。

そこで自己成長につながる読書術を紹介します。

大切なことは2点

  • アウトプットする
  • 様々なジャンルを読む

 

アウトプットする

実は読書だけしても97%の情報は忘れてしまいます。

そこで『忘れる』ということを前提に本を読むことが大切です。だからこそ アウトプット が大切なのです。 アウトプット の重要性が気になる方は 『OUTPUT大全』 書評 を読んでみてください。

本の内容を忘れるので3回繰り返し読みが効果的です。

1回目:気になった文章をマーク付けしましょう。

2回目:仕事に活かせる、大切なポイントを5個以内にリストアップします。

3回目:いつでも検索できるデジタルツールに転機

こうやってアウトプットしておけば記憶の定着率も上がりますし、忘れた時に検索するだけで必要な情報をすぐにピックアップすることができます。

ここでオススメのデジタルツールが『Evernote(エバーノート)』です。

使い方は Evernoteの使い方 を参考にしてくさい。

様々なジャンルを読む

様々なジャンルを読むことが『差別化』につながります。

様々なジャンルを読むことのメリットは2つ!

  • 自分の可能性を見つけることができる
  • 誰も思いつかないようなアイデアが生まれる

 

自分の可能性を見つけることができる

様々なジャンルの本を流し読みで構いませんでのでたくさん読んでください。

そうすことで、自分の興味がどこにあるのか?すんなり理解できるジャンルがわかってきます。それがあなたの新たな可能性です。

誰も思いつかないようなアイデアが生まれる

スティーブ・ジョブズがこのようなことをいっています。

創造とは「何かをつなげること」なんだ。

既存のサービス×既存のサービス=画期的なサービス

違うジャンルの掛け算によって画期的なサービスが生まれた例は山ほどあります。

 

様々なジャンルの本を読むことで仕事ができる人の中でも抜きんでて優秀な人材となるでしょう。

 

もっと詳しく知りたい方は以下の本を購入してみてはどうでしょうか?

自己投資が1000円程度なら安いものです。

 

Kindle unlimited でも読めるので本書以外にもたくさん本を読みたい方は下のリンクから申込できます。

→→kindle unlimitedの申込はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました