早朝ジムのメリット・デメリットを紹介!【東京の人は早朝のジムがベスト】

筋トレ

朝ジムに行っている人ってなんで行っているの?

まっちゃん
まっちゃん

朝6時から筋トレしている私がその疑問に答えるよ!

早朝ジムを考える人には様々な理由があると思います。

  • 仕事終わりは疲れてジムにいく元気がない
  • 残業が多くてジムにいけない
  • マシンの待ち時間をなくしたい
  • 早朝から活動的な人ってなんかかっこいい

メリット・デメリットを知って始めるかどうかの参考になればと思います。

 

まずは私の早朝ジムのスケジュールを紹介していきます。

スポンサーリンク

早朝ジムのスケジュール

  • 5:00 起床
  • 5:30 朝食
  • 6:00 ジム到着・筋トレ開始
  • 7:00 筋トレ終了
  • 7:15 自宅にてシャワー
  • 8:00 会社に出発

こんな感じで朝活をしています。

 

トレーニングメニューに関しては 1週間ジムメニュー を参考にしてください。

 

ジムから帰宅してからは、読書したり勉強したり自己投資タイムとしてしようしています。

そして、余裕を持って出社するという感じで1日スタートです。

 

早朝ジムのメリット

早朝のジムのメリットは3つあると感じました。

利用者が少ない

1番大きなメリットは『利用者が少ない』こと。

東京のジムはマシンの待ち時間があるのが当たり前という印象があります。

仕事終わりにジムに行くと自分のやりたいペースで筋トレができません。

 

その点、早朝だと利用者が圧倒的に少ないのでマシンを使用している人はほぼゼロです。

快適にトレーニングに励むことができています。

 

マシンの待ち時間以外にも、大きな声を出す人がいないのでストレスがありません。

 

頭が冴える

運動すると否が応でも身体が目覚めるので、頭が冴えます。

 

午前中の仕事が集中できない人などいませんか?

そういう方には朝に体を動かすのはかなりオススメです。

 

仕事終わりに自由時間が増える

仕事終わりに、自由な時間が増えることが実はかなりのメリットだと感じています。

 

やはり、5時に起きると1日が長く感じるので得をした気分になります。

早起きを失敗した日には損した気分になるようになりました。

 

早朝ジムのデメリット

エッセンシャル思考とは何か?

デメリットと感じるのは2つです。

24時間営業のジムしかダメ

1番のデメリットは『24時間営業のジム』した早朝トレーニングができないということではないしょうか。

 

24時間営業のジムになるとそうでないジムに比べて会費も少しですが高くなってしまいます

 

朝が苦手な人にはかなりキツイ

早朝トレーニングが習慣になるまで、朝起きるがかなりしんどいです。

 

私も朝は苦手な方でしたが、前日11時に寝ることでなんとか5時に起きることができるようになりました。

まっちゃん
まっちゃん

アラーム10コぐらいかけて早起き頑張っています!!!

本記事の内容は以上です。少しでも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました