【5分でできる】Oracle Databaseの構築方法を解説!【標準構成】

プログラミング

(この記事は2022年6月15日が最終更新日です。)

この記事の作成はMasaが行っています。
本業ではVRエンジニアとして働きつつ副業でWebエンジニア・デザインを行っています。

本記事ではOracle DBの構築方法を解説していきます。

まだOracle DBをインストールしていない人は 【初心者向け】Oracle DB のインストール方法を徹底解説!! をまず行ってください。

 

それではさっそくDBの構築手順を解説していきます。

Oracle Databaseの構築

これから説明する内容を順を追って行うことで問題なくDBの構築ができると思います。

Database Configuration Assistant の起動

まずはDatabase Configuration Assistant を起動させてください。

どこにDatabase Configuration Assistantがあるかというと以下に格納されています。

「Windows ホーム」→「すべてのプログラム」→「Oracle – OraDB12Home1」→「コンフィグレーションおよび移行ツール」→「Database Configuration Assistant」

WindowsマークをクリックするとOracleがインストールされています。

Oracleをクリックすると、各ツールがあるのでその中のDatabase Configuration Assistant を起動させてください。

 

構築のための設定を行う

データベースの構築を行いたいので、「データベースの作成」を選択し、次へをクリックします。

 

この画面表示されるかと思います。パスワード以外の項目は初期値として設定されています。「コンテナ・データベースとして作成」は複数DBを作る人以外はチェックを外しましょう。

 

パスワードを設定します。パスワードの設定をしたら次へをクリックします。

管理者パスワードは半角大文字+小文字+数字のパスワードにする必要があります。

 

以上で設定は終わりです。内容を確認し「終了」をクリックします。

 

DBの構築が始まりますので、気長に待ちましょう。

 

作成完了です。

 

まず勉強する環境が整ったといったところでしょうか。これを機に資格に挑戦すると仕事にも役に立つと思います。今後勉強するために以下の書籍を参考にするとよいかと思います。

書籍を購入して勉強するのもいいですが専門書は高いし、質問もできません。私はいつも世界最大級のオンライン学習サイトUdemyで学習を行っています。Udemyでは具体的な方法を教えてくれるし質問も可能なのでとても学習しやすいと感じています。セールも定期的に実施されています。私は90%オフもの講義もたくさんあるので私はセールを狙って購入しています。
「Udemy」公式サイト:https://www.udemy.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました