【SE備忘録】Oracle DB削除方法【初心者必見】

プログラミング

(この記事は2022年2月27日が最終更新日です。)

この記事の作成はMasaが行っています。
本業ではVRエンジニアとして働きつつ副業でWebエンジニア・デザインを行っています。

本記事では構築Oracle DBの削除方法を解説していきます。

まっちゃん
まっちゃん

訳も分からず、ネット情報を参考にしてDB構築した結果、設定を間違っていたので一度削除することに・・・泣

本記事は備忘録です。。。

DBの設定を間違って構築した場合の手順になります。

 

それではさっそくDBの削除手順を解説していきます。

Oracle Databaseの削除方法

これから説明する内容を順を追って行うことで問題なくDBの構築ができると思います。

Database Configuration Assistant の起動

まずはDatabase Configuration Assistant を起動させてください。

どこにDatabase Configuration Assistantがあるかというと以下に格納されています。

「Windows ホーム」→「すべてのプログラム」→「Oracle – OraDB12Home1」→「コンフィグレーションおよび移行ツール」→「Database Configuration Assistant」

WindowsマークをクリックするとOracleがインストールされています。

Oracleをクリックすると、各ツールがあるのでその中のDatabase Configuration Assistant を起動させてください。

 

あとは画面に従って進めていけばOKです。

 

 

書籍を購入して勉強するのもいいですが専門書は高いし、質問もできません。私はいつも世界最大級のオンライン学習サイトUdemyで学習を行っています。Udemyでは具体的な方法を教えてくれるし質問も可能なのでとても学習しやすいと感じています。セールも定期的に実施されています。私は90%オフもの講義もたくさんあるので私はセールを狙って購入しています。
「Udemy」公式サイト:https://www.udemy.com/
IT業界での転職を考えている人はIT求人ナビをご利用ください。
より良い環境への転職を考えている人はA8.netへの転職を考えてみては。
更に上のエンジニアを目指すならテックアカデミーがおすすめ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました