Unityで無限ランを作ろう!【part6.Web公開編】

Unity

※Unity 2019.4.19f1 を使用して作成しています。

本記事は初心者向けにUnityでゲームを作ることができるようになることを目的として無限走のようなゲームを作成していきます。

下記の終了画面の作成編の続きになります。

 

本記事では、Unityでビルドを行いWebにアップロードするまでの手順を解説していきます。

ざっくりと流れは

  1. Unityでビルドする
  2. データベースへアップロードする
  3. WordPressに取り込む
  4. 記事に埋め込む

たったこれだけです。作業は大体45分で完了します。

スポンサーリンク

Unityでビルドする

まずはUnityでビルドを行っていきます。

Build Settingsの確認

今回作成されたシーンが3つとも「Scenes In Build」に追加されていること、Platformが「WebGL」になっていることを確認しBuildをクリックして任意のフォルダへ出力してください。

 

データベースへアップロードする

次にデータベースへアップロードしていきます。私の場合はmixhostへアップロードしていきます。

アップロード方法は以下の手順で進めてください。

cPanelへログインし、ファイルマネージャで以下のフォルダへアップロードします。

/home/(ユーザー名) / public_html/ (自身のサイトの名前)/ wp-content/uploads

※updoads配下は自由

アップロードするファイルは以下の3つです。

  • Buildフォルダ
  • TemplateDataフォルダ
  • index.html

 

WordPressに取り込む

WordPressに取り込むためには「Add From Server」プラグインをインストールして有効にしてください。

Add From Server

有効にしたら以下に用にメディアにAdd From Serverが表示されます。

Add From Serverからデータベースへアップしたindex.htmlを選択します。これでWordPressへの取り込みは完了です。

 

記事に埋め込む

WordPressへの取り込むことができたらあとは画像を入れるときと同じでライブラリから選択するだけです。

index

 

以上で作業は終了です。

参考書の紹介。価格はかなり高いですがこの1冊あればOKな充実した内容です!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました