大学生の間に読むべきおすすめ本100選【人生損しますよ!】

book

本を読まない人はとてつもなく損をしています。

 

どんな本を読めばいいかわからない。

本記事ではそのような悩みを解決します。

本記事では将来成功したいという向上心が強い人向けにビジネス本を中心に紹介しています。

 

今回紹介する本の中にあなたの人生を変えるような本と出会えることを心から願います。

それでは早速本の紹介していきましょう。

スポンサーリンク

大学生の間に読むべきオススメ本100

どんな本を読めば良いのか分からないという方に向けて私が読んできてためになったと思う本を100冊紹介してきます。

 

スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン

プレゼンで人々の心を引きつけるテクニックが具体的に紹介されています。

スティーブ・ジョブズといえば、『プレゼン』というぐらいに新商品のプレゼンには世界中が注目していました。

この本を読めばスティーブジョブスのテクニックを盗むことができますよ!あとは実践あるのみ!!

マネジメント基本と原理

経営を学ぶ上で知らない人はいない『ピーター・ドラッガー』のマネジメント方法がまとめられている本書。

ドラッガー氏の名言を交えながらマネジメントの本質について学ぶことができます。

人生の選択

『人生の選択』タイトルに惹かれ購入しました。

人生は数々の選択の上でできています。

必要な選択とそうでない選択。後悔がない選択ができるように本書ではストーリーを通して哲学的なことを学ばせてれます。

どう感じるかはその人の歩んできた人生によって構築された考えによって変わってくるので時間がたったらもう一度読もうと思います。

富の福音

成功するためにどのような考え方が必要なのかわからないものです。

富はどのようにして歩み寄ってくるのかが書かれています。

アルケミスト 夢を旅した少年

少年の冒険記を通して、成功するために必要な心構えのようなものを学ばせてくれます。

クリスティアーノ・ロナウド ゴールへの渇望

クリスティアーノ・ロナウドの自伝です。

サッカー界でメッシとロナウドより優れたプレーヤーをみたことがありません。

ロナウドはどう成長してここまでの選手になったのか…

私は私 超訳ココ・シャネル

自分を貫くことの大切さ、そして難しさ。

日本人は多くの人が自己表現が苦手で、周りに流されてしまうところがあると思います。

シャネルから学ぶべきことは多いと思います。

上手な愛し方 The Rules of Love

人生を楽しく豊かなものにするためには人間関係は欠かせません。

いずれは結婚するでしょう。いろいろな考え方の方がいるとは思いますが、

相手はどう思い、何をして欲しいのかということがこの本を読めばわかります。

心理学要素の強い本です。

スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール

人生にはストレスはつきものだと思います。

ストレスとの付き合い方を本書では学ぶことができます。

大成する人はストレスとの付き合い方がわかっています。ストレスは敵でなく見方だということを。

嫌われる勇気

アドラー心理学の入門的な内容になっています。

嫌われる勇気を持つことで人生は楽しくなるという内容です。

実験思考

  • 起業を考えている
  • 普通に就活するのが嫌だ

そい考えている大学生に読んでいただきたい本です。

  • ネーミングにこだわる
  • アイデアの生み出し方
  • すべてが社会実験

この3つが学べます。

「いや、どうゆうこと?」って思う方は →→こちら の記事で詳しく説明しています。

金持ち父さん貧乏父さん

投資する。

時間とお金の使い方で人生は180度変わってしまうという事をわかりやすいストーリーで教えてくれます。

ゼロ何もない自分に小さなイチを足していく

ホリエモンがどのようにして成り上がったのか包み隠さず語られています。

人を動かす

人を動かす要因はなんのか?

得体の知れない物ですが、人を認めてあげる事で『人を動かす』に繋がる事なる。

などなど世界のリーダーが使っているテクニックがわかります。

君たちはどう生きるか

生きていく上で必ず必要な考え方7つがテーマ

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 現代編

成功する人は人との繋がりを大切にします。

人間関係を築く上で教養はとても大切。

教養のない人間だと思われると話してもくれないことがありますからね。

LIFE SHIFT

人生100年時代と言われるようになりましたね。

私が生まれた1994年は100年生きるってすごいことでしたけど現在では割と当たり前って認識に変わりつつあります。

100年という長い時間をどう生きていくのか?

考え方は柔軟にしないとなと思わせてくれる本です。

7つの習慣

イチローさんなど、成功している人には毎日の習慣があります。

朝起きて日の光を浴びる!など成功者の習慣を学んで成功者に近づきましょう。

チーズはどこへ消えた?

30分で読めるビジネス書として研修などでも使用される『チーズはどこへ消えた?』

慢心はダメ!踏み出す事を恐れない!当たり前の事ですが、社会人になるとリスクを考えてできない人の方が多い事実が書かれています。

さらに詳しい本書の内容を知りたい方は 【人生は変化する】「チーズはどこへ消えた?」から学んだこと を読んでください。

道を開く

経営の神様と呼ばれた松下幸之助さんのノウハウ本。

起業したい、大きく成功したいという人は必ず読んでおいた方がいい本です。

学問のすすめ 現代語訳

天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず

という言葉があります。

その意味は『学ぶか学ばないかでしか差は生まれない』ということ。

学生時代の勉強と社会人になってからの勉強はスタンスが違うという事を再確認できます。

基本フレームワーク50

問題解決とか言われても何から手をつけていいのかわからないって本音があると思います。

そんな方にはこの本がオススメです。

フレームワークを教えてくれるので具体的に何から始めていいのかがわかります。

メモの魔力

アイデアは日常的に思い浮かびますが、すぐ30秒で忘れていくモノです。

そこで必要なのが『メモをとる』作業。

生産性を高め、抽象的なアイデアを具体的にするためのメモの方法が理解できます。

人生の勝算

これからのサービスの在り方を前田祐二氏が自分の人生を通して学んだ事が書かれています。

人々は何に価値があると思い、お金を払うのかが分かります。

若い前田氏の考えはきっとあなたと共感し、新たな気づきがあると思います。

20代にしておきたい17のこと

人生で最もパワーがると言える20代。

20代で濃い経験ができるかどうかで人生が決まると私は思います。

そんな20代にしておいた方がいい17のことをリストアップいる本です。

エッセンシャル思考

現代は情報が多く惑わされることがたくさんあります。

そんな時代だからこそ、『エッセンシャル思考』を身につけて欲しいと思います。

より少なく、しかしより良く

短時間で効率的に成果をあげる思考法です。

もっと深く内容を知りたい人は 『エッセンシャル思考』の内容 を読んでください。

OUTPUT大全

成長するにはどうすればいいか…アウトプットするんです。

つまり行動する。

アウトプットの大切さを教えてくれる本です。

具体的な方法も書いてあるので何から始めていいか分からない人にもオススメです。

 

もっと詳しい内容が知りたい方は 【爆速で成長できる】『OUTPUT大全』 要約・書評 を読んでみてください。

INPUT大全

上記で紹介してるOUTPUT大全とセットで読むことをオススメします。

アウトプットする前には必ずインプットが必要です。そのインプットを大抵の人が97%無駄にしているとい事実があります。

 

もっと詳しく内容を知りたい方は 【97%は無駄な情報!?】『INPUT大全』要約・書評 を読んでみてください。

伝え方が9割

2013年にビジネス書ランキング1位に輝いた本書。

社会人になると伝えるって難しいって実感します。

大学生時代は私の場合、ノリで生きていた感じなので『伝え方』にはとても悩まされました。

そんなとき、役にたった本がこちらです。

ベストパートナーになるために

良い巡り合わせは良い人生に繋がると思います。

1992年に発売されたので現代の人の価値観とマッチするかは分からない部分もありますが、私には共感できる部分が多かったのでオススメします。

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方

馴染み深いUSJを題材にしたマーケティングの入門書的な内容です。

赤字だったUSJの業績をV字回復させた著者の実体験に基づくHow toなので役に立つこと間違いなしです。

多動力

何かと話題になるホリエモンの本です。

多動力とは、異なることを同時に実行する力です。

これからの時代は、本業だけでは生きていけない時代になってくると思われるので多動力はとても重要だと思います。

ホリエモンの先見の目はすごいと個人的にも思うので読んでおいて間違いないです。

お金2.0

お金とは何か?からこれからの時代はお金をどう使っていくのべきか?を学べます。

日本の学校ではお金の稼ぎ方をはじめ『お金に関する知識』は教えてくれません。

自分で知識を増やしていくしかないんですね。。。

「大学時代」自分のために絶対やっておきたいこと

タイトルの通り、大学時代の時間は有限です。

限られた大切な時間をどう使うかに焦点を当てられた内容です。

OUTPUT大全

成功する人の第一の条件って行動する人だと思います。

この本はアウトプットがどれだけ人生を変えるのか書かれています。

もっと詳しい内容が知りたい方はこちら →→『OUTPUT大全』 要約・書評

夜は短し歩けよ乙女

独特の世界観で青春が表現されていて面白い。

入社1年目で頭角を現す人、沈む人

新入社員の時って右も左も分からずに突き進むしかないけど大切なマインドを教えてくれます。

オイコノミア ぼくらの希望の経済学

経済学って言われると難しいと感じてしまうかもしれませんが又吉さんが著者なのでそこら辺はわかりやすい上に面白く書かれています。

お金の価値って何?経済学のとっかりにはすごくいい本です。

リーダーシップの旅 見えないものを見る

リーダーってどんなイメージをお持ちでしょうか?

リーダーは偉大な人というイメージが私にはありましたが、この本ではそうではない!と書かれています。

リーダーとは新たなことをはじめることができる人!

この本を読むことで意外なリーダー像が見つかるかもしれません。

10年後の仕事図鑑

ホリエモンと落合陽一氏が考える未来の働き方ついて語られている本書。

革命児2人の考える未来はとても興味が湧きます。

テクノロジーの発展、それに伴ってなくなる仕事、急成長する仕事。

様々な観点から世の中について語られています。

もっと詳しい内容が知りたい方は 『10年後の仕事図鑑』要約・書評 を読んでみてください。

ハッタリの流儀

ホリエモンが考える成功を掴むための方法を紹介している書籍です。

ハッタリをテーマに「影響力」と「信頼」を集める方法をまとめています。

もっと詳しい内容が知りたい方は 【自分の市場価値を上げる】『ハッタリの流儀』書評・要約 を読んでみてください。

人生論ノート

けっこ難しい内容ですね。

嫉妬、利己主義、噂、孤独や怒り、人生に影響を及ぼすことにつて考えられています。

何度も読まないと理解できない内容です。

ユダヤ人大富豪の教え

誰しもが気になるお金持ちの思考。

お金持ちになるための思考法からビジネスシステムを作る方法まで理解できます。

レポートの組み立て方

大学生の頃、卒論ってかなり大変でした。

卒論だけでなく課題のリポートを作る時にも役に立つ知識が得られます。

自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと

今の世の中は情報も物も溢れていて自分に必要のないものまで抱え込んでしまう傾向にある。

そんな現代だからこそこの本を読んで欲しい。

何かを得るためには何かを捨てなければいけない。

自由を得るために不必要なものを教えてくれます。

雑談力が上がる話し方

大学生の頃は、基本的には好きな人と接していればよかったと思います。

しかし、社会人になると会社のパーティーや接待などで自分とは全然価値観の違う人と話さないといけない機会が増えますよね。

そんな時に役にたつ本がこちら。

コミュニケーション能力が身につけば人間関係が良好になり仕事の成績もアップが期待できます。

リストラなしの年輪経営

創業以来48年連続で増収の経営理念が語られています。

世界各国で売れているビジネス書とは少し経営へのアプローチが違います。

新たな経理理念を学ぶ上でいい本かと思います。

ニートの歩き方

「だるい」「めんどくさい」働きたくない理由は山ほどあると思います。

本書は必要最低限の収入でも幸せに暮らすことはできる!

という前提のものどうやって会社に務めることなく収入を得るのかが紹介されています。

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

読み終わった後に、知ってよかったという情報がたくさん詰まっています。

若いうちに、起業家精神とイノベーションを学ぶことは本当にこれからの時代は大切になってくると思います。

働く君に伝えたい「お金」の教養

日本はバブル崩壊を経験した特殊な国です。

そんな日本のお金に関する知識を教えてくれる本。

人生を変えるであろう5つの特別講義がなされています。

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

GTDとは?Getting Things Doneの略でタスク管理手法のことです。

「やることが多い」「忙しい」というのがかっこいいと言われたのは昔の話で、

現在は「忙しい」が口癖の人は要領が悪い仕事ができない人というイメージをもたれます。

本書はタスク管理の基本を教えてくれます。

働く理由99の名言に学ぶシゴト論

「『好き』を仕事にする」「『やりたくないこと』を考える」「才能って何?」など14のテーマから構成されています。

野心のすすめ

ゼロからの成功を体現した著者の自己啓発本です。

成功するためには欲が必要!

向上心の力を思い知らされます。

仕事は楽しいかね

本書は空港である経営者のおじいさんと仕事に追われるサラリーマンが出会うところからストーリーが始まります。

仕事を人生の生きがいとするための考え方を少しずすサラリーマンにおじいさんが教えていくといった内容です。

僕は愛を証明しようと思う

恋愛を科学的?に証明している本書。

恋愛に使える考え方が吸収できるのはもちろんですが、営業などの仕事にも活かせる内容となっています。

未来の働き方を考えよう

「IT革命」「グローバル化」「人生100年時代」という3つの革命的変化によって、今までの日本人の考え方は通用しなくなるという警告と共に、これからどうあるべきかを示してくれる内容となっています。

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」

本書では、パン屋を舞台として経済論や金融システムなどを学べる1冊となっています。

パン屋を舞台として話が進められているので、個人で起業して小さな会社からスタートするといった小さなビジネスの視点が養われるかと思います。

お金のウソ―――親の常識は、これからの非常識!

貯金や保険、50歳ぐらいの常識で考えでお金を運用していくと必ず損をする。

その理由は、もう昔ほど景気もよくないしシステムがどんどん変わっていくから。

そんな内容を発見できる。

世界一優しい問題解決の授業

問題解決能力って何?

そう聞かれて答えらえる人は少ないと思います。

本書は問題発見から問題解決までを実際の手法を紹介しなたら解説してくれるとてもわかりやすい内容となっていました。

マーケット感覚を身につけよう—「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

何に価値があるかを見極めるセンスはこれからとても大切だと思いました。

今の時代は流行りはあっという間にきて、あっという間にさっていきます。

1つのことにしがみつく人は落ちていく時代。

マーケット感覚を身につけましょう。

藤原和博の必ず食える1%の人になる方法

組織への順応性から個人で稼げるか?ということが重要視されていると思います。

本書では「会社組織で登り詰めたい」「自営業したい」「会社は程々にそれ以外を充実させたい」「研究者タイプの人」という4パターンに分けて将来の構想で大切になるであろうことを指摘してくれています。

自分を変える読書術

読書のメリットが分かりやすくまとめられている本です。

30代までに年間100冊本を読めるようになりなさい!という教えは刺さりました。

おとなの教養

テレビでもお馴染みの池上彰さんが著者の本書。

自分の無知さを再確認できた本でした。もっともっと世の中のことを知ろうと思えます。

当たり前のことに疑問を持てるようになるし、そもそも当たり前と思っていたことがなぜそうあるのかが理解できました。

四つ葉のクローバー

本書は4つの物語から人生の教訓を教えてくる内容です。

「深沢会長の秘密」「ハッピーコロシアム」「見えない学校」「氷の親子」

面白おかしく、サクッと読める内容になっています。

Steve Jobs

スティーブジョブスという男は本当に面白い。

スティーブ・ジョブズの自伝です。

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

スターバックスでCEOを努めた岩田松雄氏が語るリーダー論。

みんなから尊敬され、人望の厚いリーダーになるためのノウハウを紹介されています。

巧みな質問ができる人できない人

質問するって本当に難しいと社会人になって感じます。

質問の内容で質問した人の理解度が分かるし、できる人かできない人かもわかったります。

ITビジネスの原理

IT業界に就職しようというタイミングで購入しました。

IT業界の成り立ちが理解できます。

自分の小さな「箱」から脱出する方法

人間関係のパターンを変えることができれば大体のことはうまくいくと著者は語っています。

小さな箱とは?

価値観のことです。

自分の価値観の中だけで生きていくのではなく、違う人の価値観にも触れることが大切です。

ニーチェの言葉

有名な哲学者ニーチェの言葉です。

哲学は人生そのものです。

本書に書かれている内容がストンと腹に落ちるのかはその人の人生によります。

大学生や、私も含め若い人には一度は読んで理解できないことが多いとは思いますが、1つの価値観として頭の片隅に置いておくのがいいかなと思います。

心に残った言葉は、

一緒に生きていくこと

ニーチェの言葉2

先ほど紹介したニーチェの言葉の続編です。

心に残った言葉は、

若者を破壊させる毒薬

シュガーマンのマーケティング30の法則

もし、自分が営業職につくなら…

必ず読んでおいて損はない良本です。

直感と論理をつなぐ思考法

「紙×手書き」「感情アウトプット」「何もしない時間」成果につながるノウハウを紹介しています。

苦しかったときの話をしようか

就活生に是非読んでいただきたい良本です。

人生にはいろいろな出来事が起こりま。

就職や転職、キャリアを築く上で大切なこと、心に響く内容となっています。

表現の技術

心を惹かれるCMってありますよね?

心惹かれる理由は必ずあってその理由を解説してくれています。

金持ち父さんの投資ガイド入門編

本書は投資の重要性について説明してくれています。

読み終わっての感想は「金がないと話にならない!!」ということ。

投資って『投資額×リスク×リターン』みたいなところがあるから、投資額が少なかったらリスクを上げるしから投資額が少ない人はお金を得られません。

しかし、リスクをあげたら投資ではなく投機(ギャンブル)になってしまします。

 

難しい話はさておき、お金がある人は必ず投資をしています。

知識として仕入れておいた方がいい内容ではありました。

人生って、それに早く気づいた者勝ちなんだ!

まだに、タイトル通りの感想です。

え!?

驚くことが書かれているわけではありませんが、真理は書かれていると思います。

センスは知識から始まる

くまモンをデザインした水野氏が著者の本書。

みなさんが思うセンスとは定義が違うかもしれませんが、仕事のノウハウを知ることができます。

人間この信じやすきもの

人間の誤った常識を社会科学の観点からまとめられている本です。

毎日使える必ず役立つ心理学

心理学に興味を持ち出した時に買った本です。

フロイトの心理学実験など大学の授業顔負けの心理学の正しい知識を得ることができます。

ハーバード大学の心理学講座

理想の自分を追求することが楽しい人生につながる!

自分にフォーカスした心理学の授業です。

夢をかなえるゾウ

ドラマにもなった『夢をかなえるゾウ』。

冴えないサラリーマンが夢を掴むために神様であるガネーシャの教えを頑張ってクリアしていくサクセスストーリーです。

実際に明日から実行できる教えが満載です。

もっと詳しい内容が知りたい方は 【人生を劇的に変える2つの方法が分かる】『夢をかなえるゾウ』 を読んでください。

夢をかなえるゾウ2

『夢をかなえるゾウ』の続編です。

本書では新たに貧乏神が登場し、貧乏になる人との特徴を紹介しています。

もっと詳しい内容が知りたい方は 【貧乏になる人の3つの特徴が分かる】『夢をかなえるゾウ2』※ネタバレ を読んでください。

夢をかなえるゾウ3

『夢をかなえるゾウ』『夢をかなえるゾウ2』の続編です。

ブラックガネーシャがストイックな教えを教えてくれます。

もっと詳しい内容が知りたい方は 【成功を掴みとる3大ルール教えます!】『夢をかなえるゾウ3』※ネタバレ を読んでください。

思考は現実化する

世界で人気のビシネス書です。

めちゃくちゃ分厚い本で内容も結構宗教チックなところはありますが、成功する人は自分の信念というか価値観がしっかりしていますよね。

思考は現実化するでは、自分が成功するイメージを完璧にするための自己暗示的な印象を受けました。

スポーツ選手がイメージトレーニングするのと同じです。

覚悟の磨き方

「心」「士」「志」「知」「友」「死」

この6つのテーマについて、覚悟ついてまとめられています。

時間術大全

時間に追われる現代人。

そんな私たちに目標を実現させる正しい時間の使い方を紹介しています。

キミが働く理由

東京で働いていて思うことが『何のために働いているのかが分からない』そういう人が多いということです。

働く理由がお金のためだけになってしまっては人生楽しくありません。

普通は1日に8時間ほど仕事に時間を使います。

起きている時間が18時間として考えると1日の半分近く仕事です。

私の場合は、10時間近く仕事ですが、、、

働いている本当の理由を見つけて豊かな人生にしたいとこの本を読んで思いました。

経営者の条件

経営者の条件と書かれていますが、会社に続している人全般にむけたマネジメントについての本です。

組織の中でどうやったら成果を上げることができるのかが紹介されています。

星の王子さま

みなさん知っていると思いますが、『星の王子様』です。

読んだことがない人もいるのではないでしょうか。

大切なものは目には見えない

とてもいい言葉ですよね。

子供向けの本ではありますが、大人が読むとなかなか哲学的で面白いです。

どこでも誰とでも働ける

日本の働き方も、少しずつですけど変わってきています。

これからは圧倒的に個人が重視される時代です。

会社に養ってもらうという考え方は古い。みな個人事業主であるという意識で働くべきだと感じました。

超筋トレが最強ソリューションである理由 筋肉が人生を変える科学的な理由

筋トレは全ての問題を解決してくれる!!

【筋トレはメリットしかない】筋トレの効果!! で筋トレのメリットを紹介していますが、そういうことです。

詳しい内容が知りたい方は 【マッチョ社長の名言付き】『筋トレが最強のソリューションである』感想 を読んでください。

仕事が速いのにミスをしない人は、何をしているのか?

人間必ずミスをします。

しかし、仕事でミスを全然しない人っていますよね。

そういう人は何を意識して仕事をしているのかがわかります。

ミスをしないということで信頼がとても高まるのでとても重要なことです。

無一文からのドリーム

人気YouTuber『ラファエル』の現在に至るまでどのような人生を歩んできたのか赤裸々に語られている本書。

ものすごくやる気をもらえるし、自分の行動・努力が全然足りていないと痛感させられました。

無一文からのドリーム 感想・要約【まだまだ足りない!】
人気YouTuber『ラファエル』の生い立ちから仕事術まで語られている「無一文からのドリーム」を5分で読める内容に要約しています。 もし、あなたが成功したいと思っていてその夢を叶えられていないなら絶対読むべき本だと感じました。

HTTPの教科書

日本人はITリテラシーが低すぎます。

みなさん勉強しましょう。

「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣

「とにかく動く」「できることだけ、やる」「他人にたよる」「計画しない」「休む」「失敗してみる」「感情に従う」「真似する」「法則を見つける」

どれも参考にあるもの習慣ばかり。

習慣にするまでに時間はかかりますが、まずはとにかく動くから始めようと思います。

コンビニ人間

コンビニでアルバイトをする女性が主人公の小説です。

後味もやっとする内容でしたが、現代人を表しているようで考えさせられる内容でした。

プロフェッショナルの条件

プロたるもの、成果を上げなければなりません。

そのために必要な条件、今の時代に必要な知的労働者とは何かを学ぶことができます。

アイデアのつくり方

アイデアはどういうステップを踏んで思いつくのか?

情報収集→解釈→組合せ→生まれる→適用

論理的にアイデアの正体について説明されています。

影響力の武器

情報にあふれている現代。

私たちは何に影響されているのか?

  • 返報生のルール
  • 一貫性のコミットメント
  • 社会的証明
  • 好意
  • 権威
  • 希少性

以上の6つに影響されています。

その理由をわかりやすく説明してくれています。

 

大学生にオススメしたい本のまとめ

 

紹介した本の中で気になった本はあったのでしょうか?

本はいくらお金を払ってでも読んだ方がいいです。

なぜなら経験せずとも結果を得ることができることが多い。

そして新たな気づき、価値観を得ることができます。

若い時は得た知識を受け入れることができます。歳を取ってくるとどうしても頭が固くなり新たな価値観などは受け入れない傾向にあると思います。

若いうちに沢山読書をしましょう。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました