Vuforiaのimage trackingでマーカーが消えてもオブジェクトが消えない問題を解決

プログラミング
自己紹介

この記事の作成はKazuが行っています。
本業ではエンジニアとして働きつつWebサービス開発を行っております。
副業でWebエンジニア・デザインを行っています。

エンジニアに欠かせないのが学習という名の自己投資です。

いろいろな学習方法があって正直どれを選べばよいのか悩みますよね・・・

いくつもある学習方法の中から私がオススメするのはUdemy!!

購入したコースが満足いく内容でなければ返金もしてくれるので損はありません。

Udemyを試してみる!

ARアプリ開発でVuforiaを触る機会があり、ちょっとつまずいたので備忘録として。

事象

Vuforiaのイメージトラッキングでオブジェクトを表示した際に、トラッキング対象の画像がカメラに映されなくなってもオブジェクトが消えない事象が発生しました。

本来であれば、マーカーとなる画像が映されている間だけ、オブジェクトが表示されてほしかったです。

解決方法

解決方法がいたってシンプルでイメージトラッキングの処理をしているスクリプト「DefaultObserverEventHandler」の設定の問題でした。

デフォルトでは以下図のように、Consider target as visible if its status isの値が「Tracked or Extended Tracked」になっています。

その値を以下図のように「Tracked」に変更してあげればOKです。

最後に

繰り返しになりますが、システムエンジニアとして生きていく上で勉強は欠かせません!
書籍を購入して勉強するのもいいですが専門書は高いし、質問もできません。
私はいつも世界最大級のオンライン学習サイトUdemyで学習を行っています。
Udemyでは具体的な方法を教えてくれるし質問も可能なのでとても学習しやすいと感じています。
セールも定期的に実施されています。90%オフの講義もたくさんあるのでセールのタイミングを狙って購入しています。

「Udemy」公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました